活動のご報告

国内での活動

9/8(土)立川子育て教育フェアに出展します

展示販売の御案内 2018年9月8日に立川駅前で開催される『第16回立川子育て教育フェア』に出展を予定してます。 当日はMother to Motherの活動を紹介するパネルとともに、扱っている布製品のほとんどを展示販売 […]

Mother to Mother活動が最優秀賞を受賞!

全日本私立幼稚園連合会が中心になり活動している「こどもがまんなかPROJECT」では「幼稚園にある‘こどもがまんなか’のモノ、コト、時間、空間を再発見することで、こどもがまんなかの視点や環境づくりを見直す」というテーマを […]

カンボジアでの活動

今年も『通学リュック』をプレゼント!

スーパーのビニール袋のカバンで学校に行っていた子どもたちに、Mother to Mother活動で作った『通学リュック』をプレゼント! 日本で寄付頂いた布の中には、日本の子どもには向かない生地も。それを使ってカンボジアの […]

ピアニカ用のロッカーを寄贈

今年の2月、認定NPO法人JHP・学校をつくる会からピアニカ300式をASAPに寄贈いただき、タットムとトロクの各小学校に届けました。しかし、5月初旬頃にピアニカのケースがネズミにかじられてしまったと報告が。。。ピアニカ […]

私たちについて

特定非営利活動法人
アジアの子どもたちの就学を支援する会
(ASAP:Asia School Attendance Partnership)

定款に記した活動目的
アジアの困窮する地域に対して、教育機関の運営支援、就学支援及び就学する者の家族の経済的自立のための支援、及びそれら事業を円滑に推進するための広報、啓発、調査、連絡調整に係る事業を行うことにより、就学率の向上を図り、もって地域の発展に寄与すること

法人登記
2007年3月

代表理事
長谷川 安年
(学校法人多摩川学園・多摩川幼稚園理事長/東京都あきる野市)

活動内容

学校運営支援

2007年に小学校校舎を寄贈してから10年。10年目を迎えた2017年度は地域一番の大グラウンド寄贈を実現することが出来ました。学校運営に必要な経済支援などハード面・ソフト面の双方から学校運営を支えています。

0
寄贈した校舎

就学支援

子どもたちの「学びたい」を実現するには家庭の理解を得ることが不可欠。いまだ子どもの労働が学業より優先される地域において、貧困家庭の経済的自立を支えるため、母親たちの雇用創出、教育に関する啓蒙活動を行っています。

0
支援校の生徒数

技能向上支援

カンボジアの先生たち自身も学ぶ環境が充分に整っていません。支援地域の先生たちを集めて現地で運動や音楽の講習会を開催。日本の教育機関と連携し、短期留学によって得た経験を母国の教育へ活かす機会を提供しています。

0
講習に参加した教員数

支援校の様子をご覧ください(左右にスクロールできます)