ASAPの原点

設立のきっかけ

ASAP設立のきっかけとなったのは、東京都あきる野市・多摩川幼稚園理事長、そして当団体理事長である長谷川安年がカンボジアを観光で訪れ、偶然目にした小学校の姿でした。吹けばとぶようなボロボロの校舎、ぼろをまとった裸足の子どもたち、ドブのような近くの水溜りが水道代わり…。

そのあまりにもひどい有様に、日本で40年幼稚園を運営してきた教育者として、「何かできないか」という思いに駆られました。

帰国後、長年海外生活を経験し、現地の事情にも詳しく、また、カンボジアの隣国・タイ王国の指導者とご昵懇であった池田五郎氏の協力のもと、2005年10月駐日カンボジア大使と現地の状況を視察することができました。

そして、カンボジアのきわめて貧しく厳しい教育の現状を知り、カンボジア復興に最も必要なのは教育であると信じ、教育に対する援助として、まずは勉学の基礎となる絶対的に不足している校舎の寄贈を決めたのです。

大使のご協力もあり、翌2006年3月、カンボジア・シェムリアップ州トロク小学校に5教室の新校舎「あきる野多摩川学園カンボジア校」が完成し、日本からの19名の支援者の方々、プー・ソテレアッ大使、副総理、シェムリアップ州知事、郡長、村長らの出席をいただき、村民の皆さんも総出の中、校舎を贈呈することができました。

任意団体の発足

校舎寄贈の話を聞いた多くの方々が賛同し、支援を申し出てくださったことから、任意団体「あきる野多摩川学園カンボジア校を育てる会」が発足。新校舎落成・贈呈式、2006年12月までに3回の現地訪問を行い、現状視察とともに、教師の経済的支援、教科書、文具購入などの支援を行うことができました。

NPO法人の設立

こうした活動を基盤に2007年2月より学校を支援する組織として、非営利活動団体「アジアの子どもたちの就学を支援する会」として認可がおり、NPO法人活動が始まりました。活動は「活動の目的」にあるように、カンボジアのトロク小、タットム校を中心としたカンボジアの子どもたちの「教育」支援です。皆さんから寄せられたご支援により、息の長い支援を、そして現地でどのように役立っているかが、はっきりと分かるNPO活動を行っています。

御寄付のお願い

ASAPでは随時、活動にご賛同いただける方からの御寄付を募っています。設立から2017年で10年を経過しました。皆様からの御支援があってここまで継続して来れました。引き続き、応援をよろしくお願いします。

おまけ:設立当初の団体紹介VTR